スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Geranium + Peppermint

 05,2013 16:48
ちょっと前(だいぶ前?)アグロナチュラAgronaturaというオーガニックコスメのブランドがありました。
シャンプーやコンディショナー、ハンドクリーム、アロマキャンドルなど愛用したものはいろいろありましたが、
その中でも一番心をつかまれたのはポケットレメディというロールオン式コロンのミントミックスの香りでした。
4種類くらいあったかな~
その頃はゼラニウムが苦手で、ゼラニウムが入っていると書いてあったミントミックスは敬遠していました。
あるときゼラニウム好きな妹が使っていたので試しににおいをかがせてもらったら、ゼラニウムが鼻につかずデオドラントにも使えて、意外にも4種類中一番のお気に入りになりました。

尾花でのイベント(→ 尾花でオーバーナイト 、→ 鯖江の異世界 - 尾花キャンプ場 )のブレンドをどうしようか、と考えたときにミントミックスを思い出し、真似てゼラニウムとペパーミントを混ぜてみよう、と思ったのです。
私のジェルは、ローズ・ウォーターにゼラニウムとペパーミントを加えました。
とろみ成分のグアーガムのせいか?ちょっと不思議なにおいがしました。
ゼラニウムが案外香ってこなかったのでさらにゼラニウムを足して調整。

今回調べてみて判明したのですが、
件のコロンには、“ゼラニウム”とはいえ、
ニオイテンジクアオイ(Pelargonium)-フウロソウ科テンジクアオイ属 ではなく、
セイヨウフウロソウ(Geranium maculatum)-フウロソウ科フウロソウ属 を使っているので同じ組み合わせにはならない、ということでした!
あらら~ 目論見が外れてしまったわ。

(私の英語読解力が正しければ)スウェーデンの博物学者で近代的な生物分類法の父リンネ(18C)が『植物の種誌』で、フウロソウ属もテンジクアオイ属も一緒にしちゃったそうです。
のちに分けられたんだけどテンジクアオイ属も”ゼラニウム“として定着してしまっていて、今もなおまざったまま一般によく使われている、ということだそうです。(元記事はこちら→  )
まぎらわしいわ。

ということは、“ゼラニウム“のにおいが鼻につかなくて当たり前ってことですよね?
だって違う花だもの!

RIMG0100_20130905163336b0a.jpg
家のどこかにあったもの。もうにおいもだいぶ変わってしまっていました。
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。