スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豆乳のモロモロ

 25,2013 14:19
コーヒーや紅茶に豆乳を注ぐと混じらずにモロモロになることがありました。
牛乳と違って開封後の消費期限が長い(と思う)から、
あれ?いつ開けたっけ??
と思うこともしばしばで(いや、いつもかも)、ときどきなってしまうあのモロモロは腐ってたんだ~なんて思っていました。
なんだか味も違うし。
(あ!でもモロモロの入った飲み物は味は落ちるけどお腹を壊したことはなかったです。)

ある日牛乳がなかったので、母が熱いコーヒーに豆乳を入れました。
入れた瞬間からリボンのようにはためきながらモロモロが形成されていきます。

「あの豆乳、腐ってたんじゃないの!?」と憤る母。

その瞬間にひらめきました。
熱すぎるところに入れるからモロモロができるのだ、と。
そういえば豆乳スープや豆乳を使ったパスタソースを作っているとき、何も考えずに加熱しすぎるとモロモロになってしまって美味しさが半減します。
温度に気をつけながら作った豆乳スープはなめらかで美味しかった。。。
こんなこと、知ってて当然・・・?

IMG_0586.jpg
この週末の雨のおかげで暑さが一段落。
また暑い日は戻ってくるだろうけど一息つけました。


2014.11.13
真相が分かりました。 → 豆乳のモロモロ 真相
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。