スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝福される

 19,2016 10:34
修道院で作られたお菓子が食べたくて、Yさんと一緒に、Yさん宅の電動自転車をお借りして春の京都を走りました。
京都人のYさんがいるし、こっちらへんにむかえばいいだろうと適当に出発。

修道院は金閣寺のすぐ近くにありますが、ちょっと離れるだけで大型観光バスとタクシーと大勢の観光客のにぎわいをまったく感じませんでした。
突然、それまでとは異なる空間があります。
心臓破りの坂を上り、さらに心臓破りの階段を上りきったところでは街を見下ろせて、汗ばんだ体に心地いい風が吹きました。

お菓子を分けてください、とインターホン越しに来意を告げると、茶色い服のにこやかなシスターが出てきてくださり、おおきいタッパ―に詰め込まれたお菓子を出してくださいました。
まぁなんとも清々しい人だったことか。
優しそう?厳しそう?穏やか?大人しい?
それらが混じった印象をうけるのかな~と想像していて、実際にそういう人もいるのでしょうが、私たちがお会いしたシスターは、目がきらきら光り、ユーモアと知性と暖かみがある方なんだろうという印象を受けました。

IMG_0239.jpg

それぞれ違う言葉が書いてあるポストカードもいただいて(私はこの言葉↑を選びました。)心が充電されておいとましました。
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。