スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウニー

 15,2016 11:14
クリスマスとかバレンタインとか、手作りお菓子材料コーナーが普段よりにぎやかになります。
あると思って売り場へ行くと、イベント終了後はすみやかに片付けられるのか、売り切れてしまうのか、
こないだは売ってたのにもう置いてない!
という目に何度か遭っていたので、売っているうちにクーベルチョコレートやクルミを手に入れました。


こんなにバターも砂糖もいれるの~?!
とひるみながらも、写真や作った人のコメントに食欲をそそられて自分でもブラウニー(■ブラウニー・レシピ■)を作ってみました。


バターと卵を合わせる時に分離しないよう早め(私の場合は早すぎるくらいでいいです。)に冷蔵庫から出して、バターはファンヒーターの天面に置いてすこーし温めて、卵は割って室内に置いておきました。
バターは溶けてないけどぺちゃっとすぐ崩れるくらい柔らかく、卵もレシピに書いてあった通りに7~8回に分けて加えたおかげか、今回は分離しなかった!
(それだけで半分成功したような気分になります。こういうところをはしょったらダメなのね、こういうところこそ心に余裕をもたないとダメなのね、と分かりました。せっかちはあかん。)

焼き時間が終わりに近づくほど部屋の中はチョコレートとバニラの香りでいっぱい。
お腹が膨れている夕食後だからよかった。
(夕食後はとてもお菓子作りに適した時間だと思います。)


次の日の朝、

RIMG0015_2016021510465580c.jpg
ホーローのバットを型にしました。

切ってみたら、予定以上に熱が通っていて、もっとしっとりしていてもよかったんだけど。。。
一日置いてカットするといいってコメントで読んだけど、やっぱりひび割れてしまってなかなかうまく切れない。。。

RIMG0017_20160215104656e4e.jpg
真ん中辺りは比較的しっとり。

砂糖はグラニュー糖でなくキビ砂糖で、165gにひるんで140gにしましたが、しっかり十分甘いです。
次回作るならもっと砂糖を減らします。
またはもっと苦いビターチョコが欲しいです。
クルミが足りなかったので、たまたま家にあったアーモンド(誰かのお土産)を足しました。
レシピにちょこちょこと作り方のポイントが書いてあって、その丁寧さのおかげで無事に完成したようなものです。(先生さまさまよ~)

いっぱいあるからいっぱい食べられて、私には大満足のバレンタイン・デーになりました♡
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。