スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色の効用

 16,2015 11:08
今年の柚子は表年らしいです。
スーパーでは有機(だったかな)のレモンも売り始めていて(ハウス物でしょうか)、柑橘類のシーズンが、レモン・ドリズルのシーズンが開けたのだと知りました。

柚子といえば冬至の日のお風呂ですが、今年は嬉しいことに冬至じゃなくても柚子湯に入っています。
(小さい頃から柚子湯は大好きだったけど(たまにぴりっと沁みるときもありましたが)、妹は苦手だったとちょっと前に知ってびっくりした~!誰もが好む入浴剤だと思っていました。)
祖母がいた頃は手ぬぐいで作った袋に柚子を何個か入れてお湯に浮かべていましたが、この頃はそのまま投げ入れ状態です。
果皮をきゅっとつまむように押すと、油(柑橘類の精油は果皮から採れます。)がふわ~っとお湯に溶け出てくるのが面白い。
手がぬるっとして、ふわ~っと香りが立つのも楽しい。

RIMG0180_20151216095441927.jpg


庭でいちばん暗いところを挙げるなら、モミジの茂った葉っぱと石塀に光をさえぎられるここでしょう。
ところが真っ黒な日陰を作るモミジの葉っぱが落ちてはげぱっぱになり、焦げ茶の地面が明るい茶や黄色で覆われたら、とても明るい場所に見えました。

RIMG0169_20151216095942c60.jpg 上からのぞいたところ


黄色は一番明るく見える色らしいです。
電球や光、お星さまも黄色で描かれることが多いですが、光の色として認識されているからでしょうか。
一年でも一番暗い時期に、柚子の黄色、冬至南瓜のかぼちゃの黄色、落ち葉の黄色が明るさを分けてくれてるのかもしれません。
でも今年は暖かいし明るいし晴れ間もあるし(本来の福井の冬はね、湿って暗くて寒いのよ!)、例年ほどの暗さを感じません。
でももうあと1週間で冬至なのね。


☆いままでのレモン・ドリズル☆
→ ★ 実験パウンド・ケーキ ★
→ ★ Lemon Drizzle 風 カトル・カール ★
→ ★ レモンとさつまいも ★
→ ★ ピクニック ★
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。