スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

害虫・益虫・自分勝手

 19,2015 12:19
ホームセンターの園芸コーナーで、虫取り用の粘着シートを手に入れました。
大きさは名刺よりおおきいくらいかな?色は蛍光黄色で、その色によって花に害をなす虫を呼んでくっつけて退治しちゃうという紙です。
農薬を使わなくていい!と喜んでレジへ持って行き、アブラムシの多いコデマリや、寄って欲しくないバラの近くにぶらさげておきました。

数日後、雨と風によって下げておいたはずのシートが地面に落ちていました。
雨に降られても乾けば粘着力がよみがえるということだったので、また枝につけようと拾ったら、コデマリに沸くようにたかっているアブラムシと蜜月関係にあるアリがくっついているではありませんか!
(これは、、、アリに効き目があるかも知れぬ・・・!)
ということで、落ちていた場所にもう一度置いて様子をみていました。

そしてさらに数日後、遠目にもわかるくらい大きなものがくっついています。
恐る恐る近づいてみたら、トカゲが身動きをとれなくなっていました。

がーーーーーん。。。
家の庭では長いこと、トカゲは可愛がられているのです。
葉っぱの上をさささっ、しゅーーっと走ったり止まったりする、在りし日のトカゲの姿が目に浮かびました。
見て見ない振りをしようか?とも思いましたが、息を吹きかけると目をぱちぱちさせて、肺がものすごい大きさに膨らんだりへこんだりして、まだ生きていることが確認できてしまったので、救出途中にあやまって命を奪ってしまうかもしれない、という覚悟をして、救出作戦を実行することにしました。

さすがに素手では触れないけど、指や金バサミでつまむとつぶしちゃうと思ったので、枯れてからからになっている葉っぱや茎を、トカゲの脇やお腹の下に入れて、少しずつ、少しずつはがしていきました。
最初に左手をはがしたら、ほんの少し自由になったとばかりに動いては、またくっついたりするので
「もう、動かんといて!またくっついてまうがの!!」
とトカゲを叱りつつ、右手、お腹、と作業を進めていきます。
お腹まではがしたところで、またくっつかれては困るので逆さにしました。
さすがにつらいのか身をよじってはまたくっついて、を繰り返すので
「動くな!」
と度々真剣に話しかけ、しばし見つめあう私とトカゲ。
水で粘着力が弱くなるので受け皿に水を入れてトカゲの体と粘着シートをぬらしながら後ろの脚やしっぽまでなんとかはがせました。

終わった。。。
とやりきった感にひたる私と、受け皿のプールの中で息をととのえるトカゲ。

最初はぎこちなく、受け皿を出てからも苔の上でしばらくじっとして、このままそこで死んじゃうかと心配にもなったけど、なんとか動きだし軒下に走っていくトカゲに、ごめんね、長生きしてね、と心の中で声をかけました。


なので、ちょっと反省しました。
人間が勝手に害虫だ益虫だ、害鳥だ益鳥だ、害動物だ益動物だ(そんな言葉ある?)と決めているだけで、みんなそれぞれの命をまっとうしようとしているだけだもの。
”雑草”とひとくくりにされてしまうものもそうね。
でもコデマリにアブラムシがたかっていたり、バラの柔らかい葉をかじるレンチュウジバチの芋虫がいると追い払わねば!と思っちゃうの。
勝手ね~

RIMG0678.jpg エゴノキ、散っちゃった~

そうそう、昨日、図書館への道すがら、茶色い動物が道(2車線)を横切って、歩道の下にある、雨を集めて流すための排水口の中に消えていきました。
茶色い猫っていますけど、ああいう感じの茶色具合で、もっと小さくてお腹がながめで、イタチじゃないかと思いました。
初めて野生のイタチを見ました。
もうコウモリも飛び始めたそうです。
コウモリはガを食べてくれるそうなので、もっと活躍してほしいと思います。
(でも私の部屋には入ってこないで欲しいの。)
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。