スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レモンとさつまいも

 24,2014 12:25
先日、2種類のパウンドケーキを焼きました。
おなじみレモン・ドリズルと、ニュー・フェイスのさつまいもとシナモンです。

RIMG0057_20141024113230956.jpg

レモンは街に出かけたとき ( → ) に友達からお土産でいただきました。
そういえば粉砂糖の残りがあったな~と思い、今度こそアイシングを!と思ったのだけど量が足らなくて、
白くて少しざらっ・さくっとしたアイシングになりませんでした。

RIMG0066_20141024113231fd9.jpg

それでも、焼きあがった生地 (これには摩り下ろしたレモンの皮が入っています)
(腕を鍛えてるんだろうかと思うくらい苦労しました。やっぱり、大根おろしで擂るのが間違っているのかもしれません。)
に、ハンドプレスのレモン果汁で作ったシロップ(これも搾るための道具がないだけですが、握力を鍛えるいい機会になりました。。。)
を塗ったくった挙句にさらに、レモン果汁で作ったアイシングをかけたので、とってもレモン・レモンして、
微妙にカリッとするところもあって楽しめました。

RIMG0062_20141024114305408.jpg
逆巻く波のような卵を加えている途中          皮を摩り下ろした後のレモンはテニス・ボールみたい

RIMG0101_201410241146207e4.jpg
ポピー・シードも前回の残りを使ったので、ぷちぷち感は減りました
次回は、黒いポピー・シードと、分量通りの粉砂糖で臨みたいと思います!


さつまいもの方は最初、シナモンと、、、?と思いましたが
出来上がってみると甘いさつまいものいいアクセントになりこれまた美味しかったです。

でもね、ふかしたさつまいもをフォークで押しつぶすのって、
けっこう力が要りますね。。。

RIMG0141_20141024120203d98.jpg
後日、味をしめて再び焼いたさつまいもとシナモン シナモン苦手だと言った友も美味しそうに食べてくれてよかった

実は1度目と2度目は微妙に変えました。
① ビーツ由来だというグラニュー糖 + さつまいも2種類
  グラニュー糖が溶けないの!
  さつまいもは、富津金時となにかの掛け合わせだという甘~いものと、ふつうのもの。
② いつもの通り茶色い砂糖 (キビ砂糖とかテンサイ糖とか) + ふつうのさつまいも

①はシナモンが特に効いて (もしかして分量間違えたのか?と②を食べた後に思ったほど) 甘味も強かったです。
グラニュー糖のせいなのかさつまいものおかげなのかは不明。
②はシナモンの風味も甘さも控えめでした。 (控えめに感じました)

次回は茶色いお砂糖 + 甘いさつまいもでつくってみたいと思います。

やっぱり、料理って実験だわ。
私にとっては。


  前々回 → 「実験パウンド・ケーキ」
  前回 →→ 「Lemon Drizzle 風 カトル・カール」

  レシピはこちら → ◎レモン
            → ◎さつまいもとシナモン
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。