スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月31日

 31,2014 15:16
今朝目が覚めて窓を開けようとしたら、
カーテン代わりにつるしてある布の裾と、窓の手前の木でできた枠の部分(桟、で合っていますか?)を使ってクモが巣を張っていました。 (ちゃんと掃除していますよ)
普段は、家の中のクモは埃を食べてくれる (らしい) ということ、お庭のクモは虫を食べてくれるということで殺さないようにしています。
でも、そこはだめよ~ とティッシュでクモの巣を払ったら、
すたこらさっさと早足で逃げようとするので再度ティッシュに乗せ、家の外に出てもらいました。

クモについて考えていたら、クモにシンパシーを持つようになったのはあのクッションかもしれない、と思い出しました。


それは10年前にロンドンの Kensington Palace にあったお土産物屋さん (ミュージアム・ショップかな) で見て、一目で気に入ったものです。
サイズは小さ目で人間が寄りかかれるものではありませんが、生成り色の生地に淡い色の糸やリボンでお庭に咲く花々が刺繍してあります。
じーっと眺めてはこれはなんて花だろうか、ほんとにこんなお庭があったら見てみたいな、などと考えていた時に、小さくクモの巣と、ビーズ一粒でクモをかたどっていることに気が付きました。

s-RIMG0061.jpg クモに気付いたら、もっと気に入っちゃった

庭にあるのは草花だけでなく、虫たちも一緒に生活しているんだわ、と当たり前のことなのにハッとしました。

その10年前も8月末で、ダイアナ元妃が暮らしたという宮殿の前にはたくさんの花束や写真が置かれ、幾人かがそれを見てダイアナさんを偲んでいるようでした。
(私と妹はほろりとするより、王室の方のドレスを見たり宮殿内にある The Orangery → でお茶をして楽しみました。だって日本人だしね。)


でも、ダイアナさんが亡くなった日は、たまたま札幌にいたこと、初めて(且つ最後かも)号外を配っているのを見たのでとても印象に残っています。
(「号外!号外!」って叫びながら配る人、ひったくるように貰って足早に駅へ向かう何人もの会社員風の人たちに驚きました。)


いろいろ芋づる式に思い出していたら、今日がちょうどダイアナさんの命日でした。
もう17年前になるんですね~
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。