welcome-image-photo
11歳の科学が大好物の少女が殺人事件を解決する、『パイは小さな秘密を運ぶ』(アラン・ブラッドリー著、創元推理文庫 2009年)に、蒸留の様子が描写されていたので紹介します。 ・・・あたしは色鮮やかな葉っぱをガラスの蒸留器(レトルト)に詰めた。用心して手袋ははめたまま、ついにつやつやした葉っぱを無事に詰め終えた。さあ、これからがあたしのお楽しみ。 レトルトに栓をして、片側を熱湯の入っているフラスコにつなぎ...